新事業展開ブラッシュアップセミナー

会場とオンラインのハイブリッド(2種類の)参加が選べます。

※感染症拡大の状況により、開催方法が変更になる場合がございます。

会場参加(定員:50名)

オフィスパーク
名駅花車デザイン会議室
910

  • 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目4番14号 花車ビル北館9階
  • 【アクセス】
  • ●各線「名古屋駅」桜通口より徒歩9分。ユニモール(地下街)を通り、地下鉄「国際センター駅」3番出口目の前。
  • ●地下鉄「国際センター駅」3番出口より徒歩1分。
  •  

締め切りました

オンライン参加(定員:200名)

Microsoft Teams でのオンライン配信

  • ●PCでの参加を推奨します。
  • ●専用アプリか、Webブラウザを使って参加してください。
  • ・専用アプリの場合
  •     Microsoft Teamsアプリをダウンロードしてください。
  • ・Webブラウザの場合
  •     推奨ブラウザは以下のとおりです。
  •     ◯Windows OS:Microsoft edge、Google chrome
  •     ◯Mac OS:Google chrome

詳細については、こちらのPDFをご確認ください。

申込締切:2023年1月27日(金)

※受講後、社内関係者を巻き込んで新事業を展開していくことを考慮して、複数名の参加を推奨します(例:経営者と新規事業の企画担当者)。
※先着順。定員に達し次第〆切とさせていただきます。
※中部地域(愛知・岐阜・三重・富山・石川)所在企業を優先し、申込状況により調整させていただく場合があります。


<プログラム>
講演①

ものづくり企業の知見を踏まえたデザイナーとの連携について

「技術はあるが、商品開発の手法がわからない」という企業様へ、デザイナー等の外部リソース活用による商品開発手法をご紹介します。

株式会社AMN 代表取締役 原 渉

東京大学大学院経済学研究科卒。大学院にてデザインマネジメントの研究を行う。卒業後、コンサルティング会社に入社。
デザイナーと企業による商品開発プロジェクト「Aichi Design Vision」を企画・立案し、株式会社AMNを創立する。
経営学におけるデザインマネジメントの知見や数多くのプロジェクトによるノウハウをベースに企業活動を支援する。

デザイナー視点で考える商品開発のポイント

これまでの商品開発事例をもとに、デザイナーから見えるものづくり企業の強み、デザインの重要性等について解説します。

Ginger Design Studio 代表取締役 星野 泰漢

2010年京都大学工学部卒、2012年東京大学工学系研究科卒(工学修士)。同年より(株)東芝デザインセンターにて勤務。
社会インフラを中心に、プロダクト、グラフィック、映像、コンセプトデザインなど幅広い分野に従事。2014年~2016年京都大学デザインイノベーションコンソーシアムフェローを兼任。2016年より㈱Ginger Design Studioを設立し、テクノロジーとデザインの視点から新しい製品・サービス開発、プロモーションを手がける。

講演②

新事業創出におけるスタートアップとの協業メリットについて

斬新で柔軟なビジネスアイデアをもつスタートアップとの協業によって得られる5つのメリットや、抱きがちな先入観に対するウソホントについて解説します。

中部経済産業局 総務企画部 企画調査課

講演③

商品企画段階におけるINPITの知財支援について

知財の総合支援窓口(INPIT)では、単に「知財保護」に限られず、まだモノができていない段階(商品企画段階)での相談も受け付けていますので、その幅広い支援メニューをご紹介します。

INPIT(独立行政法人 工業所有権情報・研修館)

中部地域統括専門員 西村 和也

個別相談
会場参加のみ
AMN/INPITへ自社の悩み相談・支援メニューの紹介等を受け付けます。(事前申込)